【RX100カスタム】リチャードフラエニック製カスタムグリップ+張り革

そのままでも十分かっこいい我が愛用コンデジ、RX100。

だけども所持者が多い為かどうしてもカスタマイズ情報が入ってきてしまう。
カスタマイズした筐体を見せつけられたらもう止まらないこのカスタマイズ欲。

ええい!と覚悟を決めてやってやりましたよ。

私の方な被害者(?)を一人でも多く輩出したいので、今回はRX100のカスタマイズについて書いていきます。
>>スポンサーリンク<<



今回使用したのはこの2つ。


・Japan Hobby Tool SONY サイバーショットDSC-RX100 張り革キット ライカ2タイプ ブラック 4008 ロゴあり RX100-4008A(1,512円


・リチャードフラニエック SONY DSC-RX100IV/RX100III/RX100II/RX100専用カスタムグリップ(6,480円
rx100grip_4.jpg



※金額は記事公開時点(2016年12月23日)のものです。最新の金額はリンク先より都度ご確認いただくようお願いいたします。


TAC_2957.jpg
張り革到着。
これだけで見るとちょっと安っぽいようにも見えますが、完成写真を見ればそんな懸念もなくなるはず。

TAC_2959.jpg
表側。
RX100についているツァイスのロゴがちゃんと見えるように切り欠きがあります。

TAC_2962.jpg
裏はこんな感じ。
RX100へは両面テープで貼り付けます。



TAC_2954.jpg
カスタムグリップも到着。
丁寧な説明書やらが一緒に入っています。

TAC_2974.jpg
裏面。
一見両面テープが少ないように見えますが、スリーエムの超強力なテープなのでこれで十分。
むしろ全面を覆われていたら作業に失敗した時に剥がしようがなくなって絶望しそうな勢いの粘着強度でした。



●作業手順

①カメラ本体をアルコール綿等で拭き、指紋や皮脂を綺麗に落とす。
TAC_2958.jpg
アルコール綿はKINGのレンズクリーニングティッシュを1箱買っておくのがおすすめ。
旧仕様のものを1箱買ってかれこれ5年経ちますがまだ消費し切れていません。結構使ってるけど。

②張り革(グリップ側)をRX100に乗せ、その上からカスタムグリップを当てて張り革の不要な部分を確認。
TAC_2968.jpg
実際にはこれより少し大きめにカットするので、ボールペン等で張り革に直接なぞって印をつけてOKです。

③②で印をつけた張り革を、印より1mm内側(張り革が小さくなる側)で一思いにカット!
TAC_2969.jpg
カットした後、写真で言う右側の部分のみを使用します。小さい!

④カットした張り革を再度RX100に乗せ、グリップも仮当てして張り革のサイズを確認。
グリップに干渉している部分がある場合は再度カットして微調整しましょう。

⑤カットした張り革を貼り付け。
TAC_2973.jpg
グリップと反対側はカットしたりしないので、そのまま貼り付けてください。

⑥グリップを装着して完成!
TAC_2975.jpg
SOOOOOOOCOOOOOL!!!
めちゃめちゃカッコいいではありませんか!


●Before
TAC_2952.jpg
(実際これはこれでカッコいい)

●After
TAC_2975.jpg


もう最高です。大好きRX100。
Beforeも気に入ってますが、Afterのこの外見たるや。
全国のRX100ユーザーの皆さん、私とオソロになりましょう!




ブログランキング参加中!
今日もポチッとお願いします!



※ブログ内に記述した金額は執筆時点のものです。現在の金額はリンク先より都度ご確認いただくようお願いいたします。
関連記事
>>スポンサーリンク<<

コメント

非公開コメント

ASHLANBOY

ブログを始めた頃は大学生だった私も気付けばよき年齢に。
食べ物の撮影は主にSONYのRX100、景色はNIKONのD750、サブはD7000とPanasonic GF1を使用しています。
オススメできるものしか記事にしませんが、★がついたものはその中でも特にオススメ、▲は世間の評判と自分の感覚が合わなかったものとしています。

【新記事は23時にUP】

ACCESS

SEARCH

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -