★ とんつう@東京 錦糸町 ▶やる気のない電話に惑わされずに行くべし、喰らうべし

[2016/12/24 初稿]

DSC00897.jpg

定期的に集まっている食欲旺盛4人組、チームde部。(部長は私)
2016年ももう年の瀬…という事で直感で忘年会に選んだのは錦糸町のこの名店、『とんつう』。
初めての訪問です。

正直に言います。
美味しすぎるのでブログで紹介するか迷いました。
このレベルのお店だと連れて行ってドヤ顔したくなります。

中々激動なグルメイヤーであった2016年、その中でもここはASHLA的MVPに決定。
今回ブログタイトルに【★】を付けましたが、これはこのブログで紹介している美味しいお店達の中でも特別格な超オススメな店としてつけざるを得ないと判断しての追加。
今後もこのようなお店に巡り合いたいと思うばかりです。
>>スポンサーリンク<<



・センマイ刺し(780円)
DSC00902.jpg

・ハツ刺し(680円)
DSC00904.jpg

・炙りカルビ(1,280円)
DSC00905.jpg

・タンモト(2,400円)
DSC00909.jpg

DSC00911.jpg

・シルクロース(1,280円)
silkroas1.jpg

・白ミスジ(1,580円)
shiromisuji.jpg

・原始肉 ハラミ(3,360円)
DSC00912.jpg
DSC00913.jpg
DSC00915.jpg
DSC00916.jpg
DSC00917.jpg

・原始肉 カイノミ(5,120円)
DSC00918.jpg
DSC00919.jpg
DSC00920.jpg
DSC00921.jpg
1分毎に焼き面を変えていく作業を繰り返して、15分かけて焼いていきます。
大将曰く、時間をかけてじっくり焼かないと味が出てこない部位との事。
赤子のごとく大切に育てた(焼いた)甲斐あって衝撃的な美味しさでした。
途中の写真で魔法陣の如くカイノミを囲んでいるのはシルクロースと白ミスジのコンビ。

・レアステーキのメンチ(1,080円)
DSC00922.jpg


原始肉2種については、ある程度焼けてくると店員さんが面倒を見てくれてベストな焼き加減に仕上げて、そのまま切り分けをしてくれます。
大将もちょくちょく顔を出してはお肉のあれこれをサラッと語ってくれて、颯爽と消えていきます。

どの肉も一口一口感動する美味しさ。
de部新年会もとんつうで決まりかな。



★お店の詳細★
店名: とんつう
住所: 東京都墨田区太平3-3-2 喜月ビル 1F
時間:17:00~23:30(L.O.23:00)
休日: 月曜日(祭日の場合営業、翌火曜が休み)
詳細:
https://twitter.com/tontsu_yakiniku
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13045164/


ブログランキング参加中!
今日もポチッとお願いします!


関連記事
>>スポンサーリンク<<

コメント

非公開コメント

ASHLANBOY

ブログを始めた頃は大学生だった私も気付けばよき年齢に。
食べ物の撮影は主にSONYのRX100、景色はNIKONのD750、サブはD7000とPanasonic GF1を使用しています。
オススメできるものしか記事にしませんが、★がついたものはその中でも特にオススメ、▲は世間の評判と自分の感覚が合わなかったものとしています。

【新記事は23時にUP】

SEARCH

<
>
- - - - - - -
- - 1 2 3 45
6 7 8 9 10 1112
13 14 15 16 17 1819
20 21 22 23 24 2526
27 28 29 30 31 - -