富士通 EK30W メモリ増設

我が家の家族用PCである富士通のFMV-DESKPOWER EK30W
fmv_convert_20101218013550.jpg


あまりにも動きが悪いのでこの度メモリ増設をしました。



簡単だとは聞いていたものの、素人が中をいじるのは怖くてなかなか踏み出せず…

そんな折に母上から「お金出すからこの子の調子を良くしてよ」と言われたのを機に挑戦しました。



以下、作業メモになります。誰かの参考になれば。
>>スポンサーリンク<<



富士通 FMV-DESKPOWER EK30W

OS:Windows Vista Home Basic 32bit版
CPU:Intel Celeron M 430 1.73GHz
HDD:160GB(7200rpm)
メモリ:512MB*1枚
メモリスロット数:2(合計2GBまで増設可)

詳しいスペック表は価格.comを参考に
http://kakaku.com/item/00100419132/spec/
(価格.com)


この512MBしかないメモリがもっさり動作の要因の一つ。

メモリはよく『作業机』に例えられます。

机が広ければ広いほどいろんなことが同時に出来ると言うわけで、

現状は丸椅子で作業しているような状況でしょうか。(机ですらない)






それでは本題に。


まずは交換できるメモリ型番のチェック
http://buffalo.jp/taiou/kisyu/detail.php?id=57105


今回自分はアマゾンにてこれを購入しました。


購入時は2枚組で5,768円。参考までに。

2枚組みのメモリを購入した理由としては、より動きを良くするためにデュアルチャンネルにしたかったから。

先に結論を言ってしまうと大正解でした、生まれ変わります。



※注意※
実際にメモリ交換する時にはPCが使えないので、このページを印刷して作業する事をおすすめいたします。
作業方法はあくまで参考用のものであり、作業によって生じた如何なる責任も負いかねますので実施は自己責任にてお願いいたします。




作業の前にまずはPCをシャットダウンし、後ろの黒い電源スイッチもオフにし、電源コードも引っこ抜きます。


その後画面右側、USB端子やキーボード端子の接続部分のカバーを外し、本体と繋がっているあらゆる線も作業の邪魔になるので念のため抜いておきます。


画面上部にある黒?灰色?のカバーを横にずらして外しましょう。
P1020567_convert_20101218014351.jpg


本体背面のカバーを外すため、この止め具を2本手で回して取り外します。
P1020565_convert_20101218002639.jpg


背面のカバーが外せるようになるので、スライドして外します。
(電源スイッチ部に指を掛けると楽)
P1020566_convert_20101218002704.jpg


基盤とのご対面。今回世話をするのは写真中心部分です。
メモリが差さっている状態で撮るの忘れました、すみません。
P1020561_convert_20101218002406.jpg
※今回は元々入ってたメモリを処分する体でやってます。そのまま使う方は外さずに次へ。


ここで購入したメモリの登場。
P1020542_convert_20101218001916.jpg


中身はこんな風になっています。
メモリに触る前に必ず静電気を除去しましょう。金属に触れるなどでOK。
P1020550_convert_20101218002332.jpg


メモリの持ち方。
金色の端子部分は絶対に触っちゃダメ。ダメ、ゼッタイ。
P1020563_convert_20101218002531.jpg


メモリの入れ方。
金色部分の一部に凹みがあるので、そこにあわせて入れていきます。
奥まで入ったら基盤と水平方向に「カチッ」と言うまで押し込みましょう。
P1020562_convert_20101218002437.jpg


完成図。こうなっていれば成功です。
P1020564_convert_20101218002601.jpg


あとはカバーetc.をつけていつものように起動してください。

起動後、増設したメモリがちゃんと認識されているかをチェック。

『スタート→コンピュータを右クリック→プロパティ』
でメモリの部分が2GBになってればミッションコンプリートです。






意外と簡単で効果大なメモリ交換、おすすめです。
関連記事
>>スポンサーリンク<<

コメント

非公開コメント

ASHLANBOY

ブログを始めた頃は大学生だった私も気付けばよき年齢に。
食べ物の撮影は主にSONYのRX100、景色はNIKONのD750、サブはD7000とPanasonic GF1を使用しています。
オススメできるものしか記事にしませんが、★がついたものはその中でも特にオススメ、▲は世間の評判と自分の感覚が合わなかったものとしています。

【新記事は23時にUP】

ACCESS

SEARCH

<
>
- - - - - - -
- - - - 1 23
4 5 6 7 8 910
11 12 13 14 15 1617
18 19 20 21 22 2324
25 26 27 28 29 30 -