★『特製醤油そば』餐 くろ喜@浅草橋/秋葉原 ▶醤油のマイベスト来たよこれ!!

くろ喜の大将ブログの愛読者です。


最近行けてないなぁと思っていた矢先にこんな記事が上がって来まして。

・全メニュー…
https://ameblo.jp/motenashikuroki/entry-12395349304.html

初っ端の"焼売"でいきなり脳天ストレート決め込まれまして、あれ?あれ?食べたくなってきたよ!とすらすら読んでいると醤油そばを見付けてしまった。出会ってしまった。

これは今までの経験から生まれた、自信ある一杯です( ̄^ ̄)ゞ
今までの限定麺で提供していた煮干し出汁に、去年経験させていただいた「潮くろ喜」での貝のスープを合わせて…
タレも薄口醤油を使った出汁醤油。
そこに富士幻豚の脂、焼豚、バークシャー種の黒豚の煮豚、糸島のメンマ、真々田農園の縮み小松菜、京都の九条ねぎ、オールスターな、今表現できる最高な一杯だと思います!



あのマスターをして、『今表現できる最高な一杯』と。



そんなん食べなきゃダメに決まってるじゃないですか…!
>>スポンサーリンク<<



・特製醤油そば・細麺(1,500円) 【
DSC03035.jpg
口側にはマスターの拘り、ヤマロクの鶴醤がふた吹き。
DSC03036.jpg

スープを一口飲んで、もう"はい俺史上最高"となりました。
細かい表現は出来ませんがもう旨すぎた。ただただ旨い。幸せ。

更にこのフチに吹かれた鶴醤を麺が少し触るような感じで啜っていくともうね…パラダイスでした。
具材の一つ一つも相変わらず(むしろパワーアップしてる)の手の込みようで何を食べても美味しい。
美味しすぎて食べ終わりたくなかった。

1,500円はラーメンとしては超高価。
でもここに一切の妥協はなくて、1,500円以上の価値がある一杯でした。

晴れてマイ・ベスト・オブ・醤油ラーメンの称号を捧げたいと思います。今考えましたが。


・地鶏めし(200円)
DSC03037.jpg
こちらは醤油そばの前だとどうしても霞んでしまった。
独特な味付けは確かに美味しかったけど、店員さんに進められて半分くらいから醤油そばのスープと一緒に味わってみたらもうね、"醤油そばうまい!!"になってしまうんですよ。
確実に美味しいですが、醤油そばが偉大過ぎた。


・焼売 2個(300円) 【
DSC03034.jpg
大将おすすめのこちらもオーダー。
今までの焼売の価値観が変わるとの触れ書きに違わぬ実力でした。
最近まで自分の中でかなり美味しい記憶だった、御徒町に会った夫婦で営んでいる居酒屋の鶏焼売が美味しかったんですが、それとは別軸の美味しさでこれもお気に入りになりました。
そのお店は高齢な夫婦が地元に帰るとの事でもう畳んでしまって食べることも叶わないので、これからはくろ喜で焼売欲を満たしていこうと思います。(何)



(久々の★付きメニュー、しかも同時に二つ!恐るべしくろ喜…!)



関連ランキング:ラーメン | 浅草橋駅岩本町駅秋葉原駅


関連記事
>>スポンサーリンク<<

コメント

非公開コメント

ASHLANBOY

ブログを始めた頃は大学生だった私も気付けばよき年齢に。
食べ物の撮影は主にSONYのRX100、景色はNIKONのD750、サブはD7000とPanasonic GF1を使用しています。
オススメできるものしか記事にしませんが、★がついたものはその中でも特にオススメ、▲は世間の評判と自分の感覚が合わなかったものとしています。

【新記事は23時にUP】

SEARCH

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -