生駒里奈さんのセンター曲、ユニット曲一覧

本日5/6、とても偉大なアイドルがグループを卒業しました。

乃木坂46生駒里奈さん。
20180428-nogizakaikomamain3.jpg


デビュー当時、大人たちから課せられた「AKB48超え」と言う当時誰もが出来るとは思わなかった目標を背負って、右も左も分からないなか1~5枚目のシングルまでセンターを務めた『乃木坂の顔』と言われるメンバーでした。

『制服のマネキン』と言う曲なら聞いた頃がある人もそこそこいるんじゃないかと思いますが、そのセンターでパフォーマンスしているショートヘアの女の子が生駒里奈さんです。


先日行われた卒業コンサートは日本武道館で12,000人のファンが鑑賞した他、ライブビューイングと言う形で全国各所で映像を放映し、これによる動員は60,000人、よって計72,000人ほどのファンを動員するとてつもない卒業コンサートとなりました。

かく言う私も友人らとライブビューイングに行って来まして、泣くのを耐えてたんですけど最後の最後に泣き散らかしました


君の名は希望、っていう曲があるんですけどね。
その曲の歌詞が本当に素晴らしくて。


私がまだ乃木坂を詳しく知る前、仕事で車移動していた時でした。2013~2014年くらいでしょうか。
聞いているラジオから「J-Popの名曲紹介」みたいな大真面目のコーナーがありまして、なんとも真面目そうな方がJ-Popの色んな曲を紹介して、「ここが素晴らしいんです」って解説してくれるんですよね。

あ~面白いな~と思い聴いていると「次の曲はですね…アイドルの曲なんですけど」みたいな、なんだか少し照れくさそうな前置きの後、

『乃木坂46の君の名は希望と言う曲があるんですけど』と。

(引用)
僕が君を初めて意識したのは
去年の6月 夏の服に着替えた頃

転がって来たボールを 無視してたら
僕が拾うまで こっちを見て待っていた

透明人間 そう呼ばれてた
僕の存在 気づいてくれたんだ

厚い雲の隙間に 光が射して
グラウンドの上 僕にちゃんと影ができた

いつの日からか孤独に 慣れていたけど
僕が拒否してた この世界は美しい

(引用ここまで)



ここまでは1番のABメロ。
そして歌詞に関する色々な解説をしてくれた上でこの曲を流してくれたんですけど、
「え?めっちゃいい曲じゃん…」となりまして。

特に透明人間と揶揄されたりするような人生ではありませんでしたが、それでもグッとくるものが強く。
この時の衝撃はその後ずっと、今でも覚えているようなものでした。

そんな昔の思い出とか、これまでどれほどの苦悩を乗り越えてきたんだろうとか、そう言った色んな考えがこの君の名は希望を聞きながら逡巡してしまって、
気付けば(本当に自然と)ポロポロ…いやボロボロと涙が流れていました。
(こういった事に興味も造詣もない人からすれば気持ち悪いんでしょうけど、私としては良い涙だったと思います)


さて少し脱線しましたが、そんな生駒里奈さんのこれまでのセンター曲をまとめた情報が意外と見つからなくて。

完全に網羅できているか少し不安ですが、私なりにまとめてみました。

※不足、間違い等あれば優しく御指摘いただけると幸いです。
>>スポンサーリンク<<



1.センター曲

◢ 1stシングル『ぐるぐるカーテン』

・ぐるぐるカーテン(表題曲)


・会いたかったかもしれない


・失いたくないから(生田絵梨花とのWセンター)


・白い雲にのって


・乃木坂の詩



◢ 2ndシングル『おいでシャンプー』

・おいでシャンプー(表題曲)


・心の薬


・水玉模様(ソロ曲)


・ハウス!



◢ 3rdシングル『走れ!Bicycle』

・走れ!Bicycle(表題曲)


・人はなぜ走るのか?


・音が出ないギター



◢ 4thシングル『制服のマネキン』

・制服のマネキン(表題曲)


・指望遠鏡



◢ 5thシングル『君の名は希望』

・君の名は希望(表題曲)


・シャキイズム(星野みなみとのWセンター)



◢ 12thシングル『太陽ノック』

・太陽ノック(表題曲)


・羽根の記憶



◢ 13thシングル『今、話したい誰かがいる』

・悲しみの忘れ方



◢ 20thシングル『シンクロニシティ』

・Against



2.ユニット曲

◢ 4thシングル『制服のマネキン』

・ここじゃないどこか(生生星ユニット曲)



◢ 2ndアルバム『それぞれの椅子』

・環状六号線(伊藤万理華、井上小百合とのユニット曲)



◢ 3rdアルバム『生まれてから初めて見た夢』

・満月が消えた(生生星ユニット曲)



3.結果

・センター曲数:20
(うち表題曲センター:5)
・ユニット曲数:3


私は輝かしいものだと思いますが、ファンの方々はどう思っているのでしょう。
1~5th以降の長い非センター期間を経ての12th太陽ノックはとてもアツいものでした。
その年に行われた夏の神宮ライブ、その冒頭の『じんぐうー!!!』のシャウトは乃木坂の歴史にずっと残る物でしょう。


生駒里奈さん、7年間お疲れさまでした。

20180428-nogizakaikoma3.jpg

これからは女優としての益々のご活躍を祈念しております。


(画像引用元)
https://realsound.jp/2018/05/post-190346.html

関連記事
>>スポンサーリンク<<

コメント

非公開コメント

ASHLANBOY

ブログを始めた頃は大学生だった私も気付けばよき年齢に。
食べ物の撮影は主にSONYのRX100、景色はNIKONのD750、サブはD7000とPanasonic GF1を使用しています。
オススメできるものしか記事にしませんが、★がついたものはその中でも特にオススメ、▲は世間の評判と自分の感覚が合わなかったものとしています。

【新記事は23時にUP】

ACCESS

SEARCH

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -