『汁なし担々麺』ほうきぼし+@東京 神田 ▶揚げ麺は全ての汁なし担々麺のデフォであるべき

そろそろラーメン会しようか~となり、ここに行こう!と決めたお店がまさかの夜営業無しと言う事で行けなくなり。

代わりに私の行きたいリストにあったこちら『ほうきぼし+』に訪問してきました。

※ほうきぼしプラスと読むのかほうきぼしでいいのかは分かりませんが、脳内ではほうきぼしと読んでいます。
>>スポンサーリンク<<



・汁なし担々麺+玉子(850円+50円)
DSC02465.jpg
こちらの特徴は何といってもこのベビースターのような揚げ麺かなと。
一見してオモチャ感がありますがこれがアクセントとして素晴らしい。
全ての汁なし担々麺に導入していいくらい。
ちなみに玉子=半熟味玉。醤油漬けの味玉で、単独では美味しいですが担々麺との相性が抜群に良いと言う訳ではない印象でした。
ちなみにレビューを見ていると紙エプロンをくれるとかくれないとかの議論がありましたが、少なくともこの時は『紙エプロンはお使いになりますか?』と聞いてくれたので『ハイ!』といい返事をさせていただきました。
DSC02467.jpg
麺は太い縮れ麺。コシもあってgoodな麺です。ちなみに汁あり担々麺はまた別の麺でした。
辛さは特別辛くはないものの、山椒の痺れは結構やってくるので中盤以降には結構いい感じにヒリヒリしてきます。汁ありはラー油の辛さでしたがこちらは完全に山椒の辛さ。
麻婆は山椒の辛さ派な私なのでだいぶ胃袋が喜んでいました。
DSC02466.jpg
「お口直しのスープです」と渡されたこちら。
いやいやタマゴスープなんて使わないでしょ~と思ったらだいぶガッツリ使いました。


・小ライス(50円)
DSC02468.jpg
汁が結構余るものの、台湾まぜそばのようにオマケの追い飯的なものはないので小ライスをオーダーし汁の海へイン。
あまった汁とひき肉が結構いい量あるので、食べ応えが凄い!うまい!


味玉を除けば麺とご飯で1セット900円。1,000円でおつりがくるのは嬉しい。
これはちょっとハマっちゃう感じ…と言うかハマってすぐに『台湾まぜソバZ』なるものを食してきたので早めに書き上げようと思っています。

あとももクロの曲がずっと流れているのでモノノフさんには嬉しいお店でしょうね。
混じりっけなしの純ももクロ、ももクロオンリーなBGMでございました。


(そしてこのお店の推しメンが台湾まぜソバZになることをこの時の私は知らないのであった…)



関連ランキング:汁なし担々麺 | 神田駅淡路町駅新日本橋駅


関連記事
>>スポンサーリンク<<

コメント

非公開コメント

ASHLANBOY

ブログを始めた頃は大学生だった私も気付けばよき年齢に。
食べ物の撮影は主にSONYのRX100、景色はNIKONのD750、サブはD7000とPanasonic GF1を使用しています。
オススメできるものしか記事にしませんが、★がついたものはその中でも特にオススメ、▲は世間の評判と自分の感覚が合わなかったものとしています。

【新記事は23時にUP】

ACCESS

SEARCH

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -