『黒竹+炙りレア焼豚丼』麵屋 優光(ゆうこう)@京都 烏丸御池 ▶漆黒の激ウマ醤油スープを完飲せよ

今年の1月の事。

大阪~京都~岐阜~名古屋の顧客計10件との商談を2日間で終わらせると言う過密なスケジュールの際に烏丸御池に泊まりまして。
(この時泊まったホテルが物凄く良かったのでこれはこれで記事にする予定)

そのホテルから程近い場所にあったのがこちら『麵屋 優光』。

ホテルでラーメン屋を探していてこのお店が近くにあった瞬間の衝撃。
『あ、これ旨そう』のセンサービンビンからのもうお気に入り追加状態でした。
>>スポンサーリンク<<



・黒竹(くろたけ)+煮卵(800円+50円)
DSC02269.jpg
見て下さいこの黒いスープ。味濃そう~と思うでしょう。
確かに薄くはないのですが、これがまた不思議な話で濃くない。
むしろ甘みと旨味が口の中に広がってきてもう完飲できてしまうレベル。

と言うかスープ完飲しました。

京都ラーメンへのリスペクトも感じられる完全なる上位互換と言う感じですね。
麺は全粒粉の中太~太の間と言った麺。全粒粉なのにモチモチとしていて喉ごしもよく、スープをよく吸っていて美味しい麺です。
この麺も素晴らしいなぁ。
トッピングされている具材一つ一つに魂が込められているのが良く感じられるし、一つも文句のない美味しいラーメン
近所にあったらやばい。


・炙りレア焼豚丼(250円)
DSC02271.jpg
途中から『このお店はなにを食べても美味しいかもしれない』と言う考えが出始めてオーダーしちゃいました。
結果、私の予想は的中。まじでウマイ
ラーメンに乗っているチャーシューとは打って変わってこちらはゴロゴロしたサイコロ上のチャーシュー。
しっとりした歯ごたえと油の乗り具合、そしてかかっている甘だれとでこれも文句なしの一杯。
ただどうしても味が似ているので、黒竹を頼むならこの丼は無くていいかも。
もしくは黒竹以外のラーメンを食べたときはこれを追加と言った感じ。


タイトなスケジュールでくたびれた私を瞬時に癒してくれる素晴らしいお店でした。


(あと店員さんめちゃめちゃ美人だった。そして物腰もよくて…嫁に…来てほs…
―――彼の手記はここで途絶えている。




関連ランキング:ラーメン | 烏丸御池駅烏丸駅丸太町駅(京都市営)


関連記事
>>スポンサーリンク<<

コメント

非公開コメント

ASHLANBOY

ブログを始めた頃は大学生だった私も気付けばよき年齢に。
食べ物の撮影は主にSONYのRX100、景色はNIKONのD750、サブはD7000とPanasonic GF1を使用しています。
オススメできるものしか記事にしませんが、★がついたものはその中でも特にオススメ、▲は世間の評判と自分の感覚が合わなかったものとしています。

【新記事は23時にUP】

ACCESS

SEARCH

<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -