Newニンテンドー2DS LL×保護シート+ケース

これから長いこと2DS LLを使っていくために、保護フィルムと持ち運び用のケースも一緒に購入しました。

特に保護シートについては、今はこんな技術があるのか…!と興奮せずにはいられない驚愕の貼りやすさでしたので、この感動と興奮をお伝えしたいと思います。
>>スポンサーリンク<<



・【2DS LL対応】スリムハードポーチ for Newニンテンドー2DS LL ブラック×ブラック(1,254円
http://amzn.to/2tkUXg7
※金額は記事公開時点(2018年7月14日)のものです。最新の金額はリンク先より都度ご確認いただくようお願いいたします。


外装。
DSC01721.jpg
DSC01722.jpg

御姿ドーン。
DSC01724.jpg
ハードタイプですがカッチカチのゴワゴワって感じではなくていい具合。
色も落ち着いた黒さでいい感じです。

内部ドーン。
DSC01725.jpg
カードスロットは3つありました。

3DSを格納してみましたが、気持ち大きめですね。
何か入れる事を想定しているのでしょうか?タッチペン?


続いては保護シート!


・【2DS LL対応】プレミアムブルーライトカットフィルムピタ貼り for Newニンテンドー2DS LL(1,274円
http://amzn.to/2tkI3z0

外装。
DSC01719.jpg
DSC01720.jpg

中身はこのような構成。
保護シートが上下分1式、クリーニングクロス、空気押し出し用のヘラとして使う厚紙、それと取扱説明書です。
DSC01738.jpg

保護シートはこのように手順に添えるように番号が振ってあります。
DSC01739.jpg
なんとも日本人らしい、超親切設計。
(日本の方が設計したのかは知りません。笑)

手順①完了時。
DSC01740.jpg
先程の写真の①の部分を剥がすと軽い粘着性を持った四角い面が現れますので、それを頼りに画面へ仮貼付け。
何度もやり直せるので、上手く行くまでトライできます。

手順②&③完了時。
DSC01741.jpg
四角い粘着面の関わらない側(向かって右)である②からゆっくり剥がしていきます。
剥がしながら付属の空気抜き厚紙で押し付けるように貼っていくのがポイント。
②側が完了したら③側も同様にして、残すは④のみ。

手順④完了時。
DSC01742.jpg
=これで貼り付け完了。
驚くほど簡単に、且つかなりの高精度で保護シートが貼り付けられました。
今までは自力で、とてつもない集中力で上手い事貼り付けていましたが、まさかこんな素晴らしい技術があるなんてと目から鱗でした。
この構造を考えた方、多分相当デキる人です。あとモテると思います。


ケースは人それぞれの好みがありますが、保護シートに関してはこのシリーズ本当におすすめです。
スマホ用にも展開されていたら、次回以降はこのシリーズにしたいくらい。

2DS LLを買って保護シートに悩んでいる人は、是非検討してみて下さい!




※ブログ内に記述した金額は執筆時点のものです。現在の金額はリンク先より都度ご確認いただくようお願いいたします。
関連記事
>>スポンサーリンク<<

コメント

非公開コメント

ASHLANBOY

ブログを始めた頃は大学生だった私も気付けばよき年齢に。
食べ物の撮影は主にSONYのRX100、景色はNIKONのD750、サブはD7000とPanasonic GF1を使用しています。
オススメできるものしか記事にしませんが、★がついたものはその中でも特にオススメ、▲は世間の評判と自分の感覚が合わなかったものとしています。

【新記事は23時にUP】

SEARCH

<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
31 - - - - - -