ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド

ゼルダの伝説シリーズ新作『ゼルダの伝説 Breath of the Wild』、買いました。
TAC_3066.jpg

でもね、


ニンテンドースイッチ買えなかった。



予約できなかったのはもう仕方なかったとして。
だから発売日の3月3日、仕事が終わったらソッコーで穴場なお店に行ってゲットできるか試すつもりだったのに

酒の誘惑に負けて、一次会はお客さんと二次会は友人達と飲みまくって泥酔して帰りました。
厳密には帰れなくて、全然関係のない駅に降りてカラオケボックスで一夜を過ごしました。

そうして最悪のコンディションで迎えた3月4日。
始発で家に帰って寝て、起きればもう13時。
急いで近所のどの店に鬼電してもスイッチの在庫はゼロ入荷予定もナシと言う返答のみ。

ここに、ニンテンドースイッチ難民がまた一人誕生したのでありました。



悔しいですが、今回はゼルダだけを開封レビューしていきます。
>>スポンサーリンク<<



パッケージの袋が破りにくい問題が発生。
開ける部分に申し訳程度のキレコミが入っていたので恐らくこんな感じで破くのが正解なのでしょう。
TAC_3065.jpg

駆ける。活きる。護る。―――をさせてくださいお願いします。
TAC_3067.jpg

内容物はこれだけでした。
TAC_3068.jpg

ソフト小さい!!
TAC_3069.jpg


SDカードと比較してみます。

タテはほぼ一緒。
TAC_3075.jpg

幅はスイッチ用ソフトの方が小さい。
TAC_3077.jpg

厚さはSDカードの方が薄いようです。
TAC_3074.jpg

裏はこんな感じ。
TAC_3080.jpg


ところでこのスイッチ用ソフト、巷ではその苦さが話題になっています。
苦いのは誤飲防止としてギネス認定のハイパー苦み成分『安息香酸デナトニウム』が塗ってあるため。
爪噛みクセのある人への対策製品なんかにも使われている成分です。

ゼルダをプレイできない悲しさのあまり、苦いと評判のスイッチ用ソフトを舐めてみましたが…
クセになる苦さでした。
舐めるのを止めると苦さが口に残らずすスッと消えていくタイプです。

私と同じスイッチ難民の皆さんはぜひご賞味下さい。


今はただひたすら、スイッチの再入荷を待ち続ける日々です。

ブログランキング参加中!
今日もポチッとお願いします!




※ブログ内に記述した金額は執筆時点のものです。現在の金額はリンク先より都度ご確認いただくようお願いいたします。
関連記事
>>スポンサーリンク<<

コメント

非公開コメント

ASHLANBOY

ブログを始めた頃は大学生だった私も気付けばよき年齢に。
食べ物の撮影は主にSONYのRX100、景色はNIKONのD750、サブはD7000とPanasonic GF1を使用しています。
オススメできるものしか記事にしませんが、★がついたものはその中でも特にオススメ、▲は世間の評判と自分の感覚が合わなかったものとしています。

【新記事は23時にUP】

SEARCH

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -